車の色を変えたいと考えている人へ

お店などに依頼しよう

車のボディーのカラーを変更する際に最も簡単な方法はやはりお店などの業者の方やディーラーなどに依頼することだと思います。
業者やディーラーの人達はやはり専門的な知識を持っています。
なので正直よくわからないけど調べるのもめんどうだと言う人はお店などに頼んでしまうのが一番楽で手っ取り早いです。
ただし注意しなくてはいけないことも当然あります。
ディーラーの人が塗装する場合はつきあいのある下請けの塗装工場で行われるため中間マージンが発生してしまいます。
業者の場合はやはり善し悪しがあり頼もうと思っている業者の評判を確認しておかないと大変な目にあってしまう事もあります。
このようにどちらにもデメリットはあるため自分に合った方を選ぶと良いでしょう。

DIYも可能

DIYと言う言葉を聞いたことがあると思います。
基本的に良く耳にするのは自宅のリフォームや部屋の模様替え、片付けなんかの時に聞くことが多いかと思います。
そんなDIYですが実は車のカラー変更の際にもDIYがあります。
業者やディーラーに頼まず自分で色を変えてしまうのです。
やり方を簡単に説明させていただきますとスプレー缶やスプレーガンで塗装をします。
これを読んで正直難しそうだと思うかと思います。
それはその通りで知識もなく適当にスプレーを吹きかけたりするとムラが出てしまい悲惨な事になってしまいます。
なのでこちらの方法は正直あまりオススメは出来ません。
ですが車が好きで自分の愛車は自分で改造したいと言う人にはこちらの方がオススメだと思い紹介させていただきました。


シェアする

B!